パーティーで出会った、奇人変人たち

aj100_pe010

 

こんにちわ!
婚活まちこです
今日も今日とて婚活に精を出していますよ?
昨日はパーティーパーティーの婚活パーティーに参加しました。
結果は、お目当ての男性とはカップリングできず、不愉快極まりないです。
ああ、顔もそこそこで、年収高くてよさそうだったんだけど、あんまり相手にされてなかったみたいです。

腹が立ったので、今日は婚活パーテーで出会った奇人変人特集を慣行いたします。
30過ぎて婚活している人で、ものすごくいい人って、いないですよね。
誠実そうでも何処かダサかったり、最悪な場合、ちゃんと社会生活を送れているのかっていうようなサイコ野郎も混ざってます。
恋愛強者は、基本20代で同じ恋愛強者の、イケメンか、美女と結婚していますからっ!
今日ご紹介するのはその中でも特別イケていない男性。
付き合ってたらかなりヤバそうな人たちです。
当たる頻度はそう多くないと思うけど、こんな人たちと、パーティーで出会ったら用注意してください。

エントリーナンバー1.ずっと壁に話しかけている男

危険度 2

お見合いパーティーでのこと、半個室タイプで、席が対面ではなくて隣同士に座るタイプの部屋だったんですが、
その男性は入ってくると私を通り越して壁に向けて挨拶をしました。
「あれ?」
と思ったものの、緊張しているのかな?という感じであまり気にしませんでした。
しかし、彼は席についても隣の私を見ようとしません。
正面の壁に向かって話をしています。

梅田にいいカフェがあるよって壁に向かって言っている…。

壁に向かって話す男性。それに向かって話しかける私。
何か悔しさを覚える。

当然話もかみ合わず、何を言っているのか理解できないこともありました。
何より、壁に向かってぶつぶつ言っているので、そのうち壁に頭を打ち付けて叫びださないか心配になる具合でした。

悲痛な会話タイムはこうして終わったのですが、ずっと壁を見ていた彼は、私の顔を認識できていたのだろうか?

エントリーナンバー3.仕事のことを聞くとキョドる男

危険度 4

とある、高収入者限定パーティーでのこと、条件を若干下回る、人もいたけれど中々の高収入ぞろいの男性が集まったパーティーでした。
そんな中、会社経営(年収1000万超え)と話をしたときの事。

最初はドライブが趣味でーという話をしていたと思う。
そんな中、ついに、仕事について聞いてみた。
IT関係の会社を経営しているという。

昔私も、IT企業で勤めていた。もしかして知っているかもーという話をしたところ男性の態度が急変。

男性「えっ?」

わたし「IT企業を大阪で経営されているんですよね??」

男性「えっ?」

不穏な雰囲気を感じてこの話題に触れるのを私はやめた。
なんて柔いガードなの?まるで豆腐のよう。
パーティーは、年収証明の提出を義務づけてなかったのでこういうこともあるのかと思いました。
エントリーナンバー4.いやらし村の村長さん

危険度 5

立食パーティーで出会った男性。今から思えばそれ程いやらしくはなかったかもしれない。
しかし見た目がいやらしかった。

妙に黒っぽい肌をした、50近い男性。スタイルをほめるまでは良いが胸のサイズなど根掘り葉掘り聞いてきた。
イケメンなら許せたかもしれないが、顔がセクハラだったのだ。
ちょっとしたセクハラも、いやらしい顔の男に言われると罪状は増える。
そのパーティーで付きまとわれて1回分無駄にしたと感じた。

今のところ、思いつくのはこんな感じです。
1回のパーティーで10人近くと話をするのですからこういった人たちと出会う可能性はなんだかんだであります。
皆様もお気をつけて。

“パーティーで出会った、奇人変人たち” への 1 件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です