恋愛漫画 我妻さんは俺のヨメ

wagatsuma

 

今日は、婚活に役立つかもしれない?
漫画レビューを行いたいと思います。
今回の漫画は「我妻さんは俺のヨメ」
マガジンで連載されていたみたい。少し前に連載は終わって、今なら全巻通して読めます。
少年漫画らしい勢いのあるストーリーと、タイムリープを題材に使った、ちょっとSFチックな漫画です。軽ーく読めるので、気分転換にちょうどいいですよ。
あらすじ

主人公、青島君は高校に通う冴えない学生。ヒロインの我妻さんに恋をしているけど、上手く話しかけられずにいます。
そんなある日、特に何かきっかけがあるわけじゃないのに、青島君は心だけを未来に飛ばせる能力。タイムリーぷの力を手に入れたのでした。
未来の世界で、青島くんは我妻さんを妻にしています。

全然仲良くなれていない我妻さんとどうやって、結婚できたの?
そんな疑問を持つのですが、それを聞く前にいつも、青島君の心は現代に戻ってしまうのでした。(青島君は意識的にはタイムリーぷ出来なくて、突然タイムリーぷしてしまう)
青島君は、時折未来の我妻さんから、馴れ初めを断片的に聞いて、現代の我妻さんと結ばれるように動き出すのでした。

本当に、軽い感じで読める作品です。
特に深く考えるところもない(笑)のですが、盛り上がるところは盛り上がって、ちゃんとドキドキワクワクできる感じがします。

登場人物は、全員魅力的にかけてますね。
我妻さんは、THEヒロイン という感じで、頭がよく、スポーツ万能、すごく優しい。というタイプ。(こういうタイプのキャラクターぜったいでてきますね!)よくあるタイプですが、嫌味っぽくなく上手い事ヒロインしています。

その他、オランダからの帰国子女シルビア(準ヒロイン)は、現代ではつんつんしていますが、青島と結婚した場合の未来では、とがった部分が全くなくなって、ひたすらデレています。

主人公青島の男友達も、ロリコン、ブス専など、変態ぞろいで、個性面ではまぁとがっていますね。

かなり、作者さんが、個性を出すのに努力した痕跡が見えますが、そのかいあって、みんな個性的で、面白くなっています。

肝心のお話ですが、高校生がタイムリープして、意中の女性と結ばれるために奔走するという内容の話は今までありそうでなかった(あるかもしれないけど)ように思います。
タイムワープ物は、人類の危機だとか言う話につながりやすく、此処まで恋愛一直線の話は少なかったと思います。
それが、なかなか、混ざるといい具合になるんですね。

高校生の未来っていうのは、本当に予測がつかないんです。
大人になったら、それからどうなるかってある程度予想できるんですけど、高校生なら何をするにも自由で、いろんな選択肢があります。

そこで、タイムリープという未来に行ける力があって、色々と未来を変えられるとしたら、すごくワクワクします。そのわくわく感が、作品にもえがかれています。

時には、未来で不幸な目に合う友人のために奔走するなど、見ていて面白かったですね。
お話によっては、過去を変えるとタイムパラドックスが起きて大変なことにっ、人類滅亡の危機っ!という感じになるんですけど、この作品では、そんな堅苦しい事を言わずにいてくれます。(大丈夫なんでしょうか?タイムパラドックス)
だから気軽にワクワク楽しめるんですね。

全体的に、ドラマでもできそうな面白い作品でした。
皆さんも、面白い恋愛作品を読みたいと思ったら、一度手に取ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です