初めてのデートで映画は良くない

aj100_pe010

 

こんにちは!
こんかつまちこです。

今日は、デートについてのはなしです。
私の初デートは中学2年正の時でした。
同い年のやすしくん(仮)に誘われて、映画を見に行きました。
映画は、「トータルリコール」(笑)
アーノルドシュワルツェネッガー主演のSF超大作。
シュワちゃん、が脳に取り付けられた発信器を取り外すために鼻から鉄の棒を刺してほじくりだすシーンが強烈で印象に残っています。
その他、おっぱいがいっぱい付いている女性ミュータントが登場したり、陽気な黒人の相棒が最後に裏切る、ゲス野郎だったりと、初デートの彼女を連れていくには最低の選択だったと思います。
映画自体は、地球と火星を舞台にして、現実と洗脳の狭間で真実を追いかける骨太sfだったのですごく面白かったのですが、デートとしては何とも言い難かったです。
やすしくんは、少しオタクっぽくてこの映画をとっても気に入っていました。
映画は、好きなのですが一般的には、映画は最初のデートには向かないと言われています。
その理由として、映画を見ている時間は、恋人とお話ができないということ。
映画以外の散歩やボーリングなんかは、話をしたり、相手の様子を見ながらできますが、映画ではそうはいきません。
やすしくんといった映画でも、一緒に映画を見ているとき。映画って、見ているときはひとりと変わらないので、あんまりデートっぽくないなという風に感じました。
初めてのデートは映画やNGというのは良く考えられているな、と思いました。
映画が終わった後、マクドナルドに入って映画の感想なんかのおしゃべりをしました。

しきりに映画の話をするやすしくん。
あの黒人が裏切るとは思わなかった、サイコーにクレージーだね。

たしかに、面白い映画ではあった。
しかし私は、そのときデートらしい。映画を選んでくれてもよかったんじゃないのか?
という気持ちでいっぱいでした。
同じころ、たしか「ゴースト ニューヨークの幻」が上映されていたはず。
たぶん私は、トータルリコールよりもこちらのほうが見たかったはずでした。
映画中はもちろんしゃべれず、映画後も、私は何か胸につかえたような気分でやすしくんの言うこともあまり良く聞いていませんでした。
そのデートは気分も乗らないまま終わってしまい、あまりぱっとしない印象でした。
かれとはそのあと何回かは映画に行ったんだけれども、なかなか中学生の恋愛なんて上手くいかないものです。長くは続きませんでした。
トータルリコールは、再放送で見ても面白い話で、見ているとたまにやすしくんのことを思い出します。
面白い映画だったんだから、もっと楽しんでおけばよかったな、という風に思いました。
初めてのデートで映画NGといいますが、映画の上映中、話ができないということもあると思いますが、映画がお互いの趣味と違った場合や詰まんなかった場合は結構、デートとしてはキツくなるような気がします。
私の経験談からいえることは以上です。
皆様も気を付けて―

ではっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です